特許事務

各国特許庁のコロナ対策の最新情報(2020年3月31日現在)

沼グリコ
こんにちは沼グリコです。特許事務の仕事をこれまでに17年間しています。 特許事務以外にも得意の英語を活かして特許翻訳やOA対応まで担当しています!

悩んでいる人
コロナウィルスの影響で特許事務所の仕事はこれからどうなるんだろう…

特許事務所で働いている方や特許事務所の仕事に興味がある方はこんな疑問をもっているかもしれません。

現在、中国武漢から全世界に広がったコロナウィルスの対策として、学校閉鎖や各種イベント・演劇の中止、プロ野球や高校野球を含めたスポーツの中止、または大相撲のように無観客での実施など、社会にも大きな影響が出てきています。

特許業界にも少しずつ影響が出てきています。

前回の過去記事では、コロナが特許事務所に最も影響を与えることは何かについてお話ししました。

各国特許庁のコロナ対策をまとめてみました

続きを見る

今回は、各国の特許庁のコロナ対策の最新情報(2020年3月31日現在)についてお話ししていきます。

 

本記事の内容

・各国の特許庁のコロナ対策

本記事の信頼性

この記事を書いている私は、特許事務員として17年間特許事務所で働いた経験があり、特許事務全般の仕事に詳しいです。

本記事は、これから特許事務員の方や、これから特許事務所で特許事務として就職しようと考えている方や、特許事務に入って経験の浅い方に参考になります。

各国の特許庁のコロナ対策

沼グリコ

特許業界でもコロナの影響が出てきています。

外国の代理人から、自国でのコロナ対策についてもメールがたびたび届くようになってきました。

今日は、こうしたメールから、外国の特許庁が出した対策につき、いくつか紹介していきます。

台湾特許庁のコロナ対策

台湾ではコロナウィルスの感染拡大により特許出願等が法定期間に遅れた場合、原状回復申請が可能になりました。

もし、出願人が、新型コロナウイルス感染による「深刻で特殊な伝染性肺炎」流行の持続的な拡大により各出願の法定期間に遅れた場合も、関連の証明書類を添えて規定に基づき現状回復を申請することができます。

また、特許庁(知的財産局)も原則的に各個別案件の具体的状況に応じて、より寛容にこれを認めることとするとのことです。

欧州特許庁のコロナ対策

欧州特許庁(EPO)も、2020年3月15日付のNoticeにおいて、このNoticeの公開日(=2020年3月15日)とそれ以降に期限が到来する期日について、2020年4月17日まで期限を延長すると発表しました。

また、この延長期限も、状況に応じて、更なるNoticeにより延長可能であるとしています。

しかしながら、現地代理人によれば、この延長は、全ての期限について与えられるものではなく、いくつかの期限については、認められないとのことです。

延期が認められない期限として、日本の事務所やクライアントにとって重要と思われるのは、(1)維持年金納付期限、(2)分割出願期限でしょうか。

注意が必要ですね。

インド特許庁のコロナ対策

インドも、特許庁(知的財産庁)が、

「インド知的財産庁は3月25日から21日間業務を停止する。この21日間に入るあらゆる期限はインド知的財産庁が業務を再開する日まで延長される。」

との発表を行いました。

また、それに先駆けて、新型コロナウイルス感染拡大防止のため、約13億人の国民らを対象に全土で21日間の外出禁止措置を始めました。

外出禁止措置は4月14日までです。

このため、インド知的財産庁は4月15日から業務を再開することになり、3月25日~4月14日の間に入るあらゆる期限は4月15日まで延長されます。

なお、インドの特許規則によれば、インド知的財産庁に書類が配達された日が受領日となります。

3月25日から4月14日までの期間中、郵便配達も行われないため、大量の郵便物が郵便局に滞留することが予想されます。

このため、現地代理人によれば、3月25日から4月14日までの間に期限が到来する手続きのために、書類を郵送したとしても、郵便局での処理に時間がかかるため、4月15日に再開したインド知的財産庁に書類が配達されるとは考えにくいとのことです。

現時点では、オンライン出願については機能しているようですので、可能な限り、期限内に、オンラインで勝利を提出することを推奨しています。

また、日本からEMS等で書類を送ることも、そもそも配達が行われず、紛失等につながる恐れがあるため、この期間中は避けることを推奨しています。

エジプト特許庁のコロナ対策

エジプト特許庁は、4月8日まで業務を停止し、この間の期限はすべて4月9日に延期すると発表しました。

メキシコ特許庁のコロナ対策

メキシコでも、3月24日から4月19日までの全ての期限を、4月20日に延期すると発表しました。

日本特許庁のコロナ対策

日本の特許庁は、3月26日付の発表で、通常通り開庁しているとあります。

しかしながら、東京のロックダウンが現実味を帯びてくるなかで、状況が変わるかもしれません。

コロナが特許事務に与える影響のまとめ

以上、各国の特許庁のコロナ対策の最新情報をお伝えしました。

今後もコロナ対策で各特許庁が発表することが予想されるため要チェックです!

 

このブログではこれからもどんどん特許事務に役立つ情報を発信していきますのでご覧いただければと思います!

 

本ブログの運営者が開設した株式会社ジムウインでは、事務代行サービスを提供したり、特許管理ツールを開発しています。

特に、これから特許事務所を開業した方や個人で特許事務所を運営している方をサポートできると思いますのでぜひご利用いただければと思います。

詳しくはこちらのサイトからご覧ください。

 

-特許事務

Copyright© 特許事務の沼ブログ , 2020 All Rights Reserved.