特許事務

特許事務は難しい?【たった2つのことに注意すれば簡単です】 

「こんにちは沼グリコです。特許事務の仕事をこれまでに17年間しています。 特許事務以外にも得意の英語を活かして特許翻訳やOA対応まで担当しています! 」

悩んでいる人
特許事務って難しそう…特許の法律に詳しくならないとやっていけないのかな?英語が活かせて専門的な仕事だしとても魅力的な仕事だけど実際どうなんだろう…

こんな悩みを解決しています。

特許事務員は特許事務所で事務手続きな仕事をします。

特許事務は難しそうなイメージを持っている方も多いですが、実はたった2つのことを注意しておけば誰でも簡単にスキルがつきますよ。

本記事の内容

・特許事務がなぜ難しいと言われているのか!?

・特許事務では2つのことに注意すれば難しくありません。

・特許事務に向いている人

・特許事務の求人を探すなら!?

本記事の信頼性

この記事を書いている私は、特許事務員として17年間特許事務所で働いた経験があり、特許事務全般の仕事に詳しいです。

本記事は、これから特許事務所で特許事務として就職しようと考えている方や、特許事務に入って経験の浅い方に参考になります。

本記事を読めば、特許事務に大切なことは何かわかるとともに、難しいというイメージがなくなりますよ!

特許事務が難しいと言われている理由

特許事務を志望しているけど難しそうでためらっている方は多いです。

「知財の法律の勉強って難しそう・・・」

「クライアントの知財を扱っているのでミスが許されない・・・」

こういうことを思っていたりしませんか?

しかし、思っているほど難しくはありませんよ。

その理由を説明していきます。

①知財の法律は最低限の知識されあればOK

特許事務員で求められる知財の法律の知識は実は多くはありません。

最低限、手続きの期限さえ知っていればOKです。

例えば、拒絶理由通知の応答期限や優先権出願の期限などです。

ただし、日本と海外では法定期限が異なる場合があるのでそこは要注意です。

といっても、最初のうちは先輩の特許事務員に丁寧に教えてもらえますし、いくつかのパターンさえ知っていれば、すぐに対応できます。

②ミスするのではという不安はそこまで気にしなくてOKです

「ミスしたらどうしよう・・・」と不安に思うかもしれません。

しかし、そこまで気にしなくてもOKです。

理由は、ほとんどの特許事務所ではダブルチェック体制をとっていて、事務員の1人がミスをしても事故が起きにくい体制になっているからです。

特に経験の浅い事務員には、先輩の特許事務員がついてくれますので一人で事務の手続きをするということはありえません。

ただし、ミスは許されない仕事なのでしっかりと注意したほうがよいです。

注意すべきことはたくさんあるように思いますが、2つのことに注意すればOKです。

たった2つのことに注意すれば特許事務は難しくないです

特許事務では、たった2つのことを注意すれば難しくありません。

注意すべき2つのことは以下のとおりです。

注意ポイント

①期限徒過

②発送ミス

順番に説明します。

①期限徒過

期限徒過をすると、クライアントの重要財産が消し飛びます。

例えば、特許年金を指定期間内に支払わないと、せっかくとった特許が無効になってしまいます。

発送ミス

発送ミスはクライアントの秘密情報を別のクライアントに送ってしまうことです。

知財はクライアントの財産であり秘密情報です。

発送ミスしてしまうと秘密情報の漏洩になってしまい、最悪賠償問題に発展する場合もありません。

期限徒過と発送ミスさえ気をつければ特許事務は難しくない

以上、期限徒過と発送ミスについてはしっかりと気をつけて仕事をすれば特許事務は難しくありません。

特許事務は専門性の高い仕事ですが、仕事そのものについては一般事務の仕事と大きく変わることはありません。

このため、仕事が難しいということで悩むことはありません。

具体的な仕事内容は以下のような感じです。

・期限管理

・申請書類、請求書などの書類作成

・書類のチェック

・書類のクライアントへの発送

・書類の特許庁への手続き

・来客対応

・メール、郵便物の確認、対応

一般的な事務の仕事と同じような仕事も多いですし、書類は、マニュアルに沿って作成でき、難しくありません。

大事なのは、期限徒過と発送ミスの2つです。

この2つを注意すれば、特許事務のスキルはすぐに身につきます!

特許事務に向いている人はこういう人

特許事務で重要なのは、仕事でミスをしないことです。

期限徒過と発送ミスをきちんと防ぐことが重要です。

期限徒過や発送ミスは、一つ一つの仕事を丁寧にまじめに取り組んでいれば防止できます。

このため、特許事務は真面目な方や仕事が丁寧な方に向いています。

実は特許事務は特別なスキルが必要というよりも、真面目だったり、仕事が丁寧であることがとても重要です。

もし、あなたが真面目に取り組んだり、仕事を丁寧にすることに自信があれば特許事務に向いていますよ。

特許事務がきつい特許事務所はあります

ただし、注意をしてください。

特許事務所の中には、特許事務員が残業が多くてきついところもあります。

特に忙しいところだとほぼ毎日残業をしないといけないほど仕事をまわされているところもあります。

このため、特許事務の転職では、面接の場でしっかりと勤務条件を確認することをおすすめします。

特許事務の求人を探す方法

もし、本記事を読んで特許事務をやってみようと思った方はぜひやってみることをおすすめします。

特許事務は専門性の高い仕事ですし、一般事務よりも年収も高くておすすめです。

特許事務の求人の探し方は、転職サイトに登録して求人を探す方法もありますが、パテントサロンから求人を探す方法もあります。

パテントサロンでは、特許事務所が特許事務を募集しています。

パテントサロンのサイトはこちらです。

特許事務が難しくない話のまとめ

特許事務ではたった2つのことだけを注意しておけば難しくありません。

注意ポイント

①期限徒過

②発送ミス

大事なのは仕事に真面目に取り組んで丁寧に行うことです。

とてもやりがいのある仕事なのでおすすめです。

このブログではこれからもどんどん特許事務に役立つ情報を発信していきますのでご覧いただければと思います!

本ブログの運営者が開設した株式会社ジムウインでは、事務代行サービスを提供したり、特許管理ツールを開発しています。

特に、これから特許事務所を開業した方や個人で特許事務所を運営している方をサポートできると思いますのでぜひご利用いただければと思います。

詳しくはこちらのサイトからご覧ください。

 

-特許事務

Copyright© 特許事務の沼ブログ , 2020 All Rights Reserved.