RPA

画像付ワードをhtmlにワンクリックで変換する方法【商標】

モチ湖

こんにちはモチ湖です。

前回の記事でワードをhtmlにワンクリックで変換する方法【特許出願向け】を紹介しましたが、
文章中に「ファイルにリンクで画像データを挿入」した場合を想定していませんでした。

今回は、文章中に画像データがある場合でも、ワンクリックでHTML変換できるマクロを紹介します。
これを使えば、商標出願原稿でもワンクリックでHTML化できます。

 

本記事の内容

・ワードデータからHTMLデータをワンクリックで変換する方法

・今回は画像データが「ファイルにリンク」で挿入されているワードデータからHTMLデータに変換する方法を解説していきます!

本記事の信頼性

この記事を書いている私は、特許実務者であり、中堅特許事務所でシステム管理者の経験があります。これまでに、知財関係の便利ツールを発掘しています。

特許等の出願書類は、下記のとおり、文章中に「ファイルにリンクで画像データを挿入」しなければならないケースがあります。(商標出願の場合は「商標」、特許出願の場合は「数式」「表」など)
このようなケースでも、ワードデータからHTMLデータに変換できるマクロを紹介します。

マクロコード

マクロの特徴

前回との相違点は、下記のコードを追加した点です。段落内にフィールドコード(ファイルにリンクで挿入した画像)があると、イメージタグを挿入する動作を行います。

段落内にフィールドコード(ファイルにリンクで挿入した画像)があると、イメージタグを挿入する動作を行います。

実行結果

<HTML>

<ソースコード>

マクロの使い方は、過去の記事をご覧ください。

以上、画像データが「ファイルにリンク」で挿入されているワードデータからHTMLデータに変換する方法を解説していきました。

 

このブログではこれからもどんどん特許事務に役立つ情報を発信していきますのでご覧いただければと思います!

本ブログの運営者が開設した株式会社ジムウインでは、事務代行サービスを提供したり、特許管理ツールを開発しています。

特に、これから特許事務所を開業した方や個人で特許事務所を運営している方をサポートできると思いますのでぜひご利用いただければと思います。

詳しくはこちらのサイトからご覧ください。

 

-RPA

Copyright© 特許事務の沼ブログ , 2020 All Rights Reserved.